ー pickup ー

天気のいい日はテンション上がる!記事編集担当のKaeです。

台北にはMRTやバス(公車)、YouBikeなどの便利な交通機関が沢山ありますよね!

実は・・・私はついこの前までMRTしか乗ったことが無かったんです・・・。

今回たまたまバスに乗る機会があったので

参考になればと思いブログにしてみました!

【乗る前】バス(公車)の乗り方

【注意】

台湾のバスは両替機がありません!

なので小銭の準備が必要が必要です!

もしくは・・・

バスも「悠遊カード」が使えるので

悠遊カードをチャージしておいた方がタッチするだけなので便利です。

今回は悠遊カードでの乗り方をご紹介!

 

悠遊カードが手に入ったらさっそくバス停に向かい

バス停にある路線図を見て目的地を確認!

台北市内であれば街の至る所にあります!

バス停にある路線図を見て、

自分の目的地があるバス番号を探しましょう!

矢印シールの場所が今いるところで、そのシールの方向にバスが走ります!

バスが走る方向に自分の行きたいところのバス停があるかを確認して、

もし逆なら道路の反対側のバス停に行きます!

バス停には電光掲示があり、各バスが大体何時に到着するのか

教えてくれるので、それ見て待つと楽チン!

バスが近づいてきたら要注意!

台湾のバスは何もしないと止まりません!

乗るバスが近づいてきたら、必ず「乗りまーす!!」と手をあげましょう!

私もやってみました 笑

【乗車編】バスの乗り方

バス運転席手前の掲示板に「 上下車刷卡 」表示がされています!

これは悠遊カードを使っているときに、

乗車時・降車時に

悠遊カードを専用の機械にかざしてくださいという意味です。

専用の機械はコチラ

ピッと音が鳴れば無事に反応した事になります!

 

台湾のバスは正直めちゃくちゃ荒いです。

運転手さんがブレーキを思いっきり踏むので

まるで遊園地のジェットコースターみたい・・・笑

 

乗車中は必ず着席するか、

手すりに摑まる事を強くオススメします!

社内はこんな感じ

座席は結構フカフカです!

 

【降車編】バスの乗り方

 

目的地の1つ前のバス停を出発したら

下車ボタンを押します!

押さないと止まってくれない可能性があったり、

降りる際に中国語で怒られることもありますので注意しましょう!

早めに降りる準備を!

降りる時も割と早めにドアが閉まりるので準備をしておかないと

間に合わなくてバスが走り出しちゃうみたいです!

降りる時も乗車時と同じで

悠遊カードをピッとなるまでかざして降ります!

 

バス(公車)の料金

台北のバスであれば1区間15元

(1区間は大体10キロです)

大人 15元(現金・悠遊カード同じ)
学生 現金15元・悠遊カード12元
老人・障害者・こども 8元(現金・悠遊カード同じ)
6歳以下か身長115cm未満 無料

学生定義:
教育部より認証された学校から発行の学生証(或は国際学生証)
老人定義:
65歳以上身分証明もつ台湾人か外国人
老人定義:原住民
55歳以上身分証明もつ台湾人
障害者定義:
障害者証明が必要
こども定義:
6歳以上12歳未満か身長150cm以下

 

台北市内をウロウロするのであれば

10㎞以内で収まるので、格安ですよね!!

 

1回乗れたらもう大丈夫

 

私は乗り方わからないし、難しそうって思って全然乗ってなかったけど

1回乗ってみたら思ってたよりも簡単でした!

 

日本と比べると揺れがすごいなぁと思う時もあるし、

車間距離がかなり狭く運転が荒かったりしますが

運賃も安いし行動範囲も広がるのでとっても便利です!

 

 

是非皆さん台湾で行動するときは

バス(公車)を利用してみてください!

 

海外でバスに乗ると面白いですよ~

おすすめの記事