ー pickup ー
你好~!こんにちはKaeです。
台湾といったらドリンクスタンド!
最近、日本でもかなり流行ってるドリンクスタンド。
台湾には街のいたる所に数え切れないくらいの
ドリンクスタンドがあってお店の種類もめちゃくちゃ豊富!
スーパーやコンビニでは買えない美味しいドリンクもいっぱいで
ついつい飲みたくなっちゃう!
だけど初めて注文する時って結構勇気がいるし緊張もする。
私も慣れるまでは超緊張してたなぁ・・・
でも注文の仕方さえ覚えておいたら全然大丈夫!
知ってる人も多いとは思いますが、
知らない方の助けになればと思いドリンクスタンドでの
ジュースの買い方をご紹介します!

ドリンクスタンドの種類

年間を通して比較的温暖な気候の台湾ではドリンクスタンドは
日常生活に無くてはならない存在!
それに台湾は日本に比べて自動販売機の数が圧倒的に少ない!!
その代わりにドリンクスタンドはかなり沢山!
台湾ではお馴染み老舗ドリンクスタンドの「50嵐」とか
日本にも店舗が沢山ある「CoCo」
私も日本にいる時よく飲んでたぁ!

 

 

「一芳」のフルーツティーは日本で一時期、

行列が出来るくらい人気でしたよね!

この他にももっともっとあって

私も行ったことがないお店がまだまだ沢山!

 

お店ごとにジュースの種類やタピオカの硬さが違うから

いろいろ飲んでみて自分の好みを見つけるのも楽しそう!

ドリンクを注文!

 

ではさっそく注文の仕方です!

飲みたいドリンクが決まったらカウンターにて注文!

口頭で言える場合は店員さんに

「我要一杯(ウォーヤオイーベイ) 〇〇〇 」

「〇〇〇を一つください」という意味

もし口頭での注文が不安なら・・・

・メニューを指差しで注文したり

・スマホにドリンク名を打ってそれを見せてもいいと思う!

 

私も最初はビビッてそうやって注文してました!!

聞かれる事

 

飲みたいドリンクを注文し終わると店員さんから

聞かれることがあるんだけど

①ドリンクのサイズ

②ドリンクの甘さと氷の量

大体この2つを聞かれます!

 

①ドリンクのサイズ

「你要中杯嗎?(中サイズ?)ニーヤオジョンベイマ?」

それか「中杯?大杯?(中サイズ?大きいサイズ?)

ジョンベイ?ダーベイ?」とかって聞かれる事が多いです!

 

答えるときは

「我要中杯 ウォーヤオジョンベイ」と答えるか

指差しでも大丈夫!

 

②ドリンクの甘さと氷の量

サイズの次に

「甜度冰塊?(ドリンクの甘さと氷の量は?

ティエンドゥビンクアイ?」と聞かれます。

 

ドリンクスタンドでは甘さや氷の量も自由に選べて自分好みに

アレンジ出来るのが良いですよね~!

 

甘さはこんな感じ

正常(zhèngcháng:ジェンチャン):通常の甘さ

少糖(shǎotáng:シャオタン)甘さ70%程度

半糖(bàntáng :バンタン)甘さ50%程度

微糖(wēitáng:ウェイタン)甘さ30%程度

無糖(wútáng:ウータン)無糖、0%

 

 

そのお店の通常の甘さの 正常(zhèngcháng:ジェンチャン)は

甘すぎるってくらいに甘いから 半糖(bàntáng :バンタン)で

充分だと思います!

 

私はよく微糖(wēitáng:ウェイタン)で注文してる!

 

 

氷の量は

正常(zhèngcháng:ジェンチャン)氷いっぱい

少冰(shǎobīng:シャオビン)ちょっと少なめ

半冰(bànbīng:バンビン)氷半分だけ

微冰(wēibīng:ウェイビン)氷少しだけ

去冰(qùbīng:チゥビン):氷無し

 

日本のお店で氷無しとか氷少なめとかにすると、

その分ドリンクの量も減っちゃう事があるけど台湾だと

氷少なめでもその分ドリンクをいっぱい入れてくれるの!

だから氷少なめの方がちょっとお得感ありますよね(笑)

ここまで伝え終わったらもう安心!

最後に値段を言われるからお金を払って終わり!

 

まとめ


台湾には数え切れないくらいの

ドリンクスタンドとドリンクの種類があって

最近、日本でも大人気のタピオカドリンクはもちろん

フルーツが安くて美味しい台湾ならではのフレッシュな

フルーツを使ったジュースとか種類は様々!!

 

自分のお気に入りのドリンクを見つけたり、

色んなドリンクスタンドを飲み比べたり楽しみ方がいっぱい!

初めは不安でも、一度頼み方をマスターしちゃえば

ドリンクスタンドに行くのが楽しみになるはず!

 

ぜひ台湾で試してみてくださいね~

 

おすすめの記事